よくあるFAQ

Q82 DELL 755シリーズでWindows再セットアップ時ブルースクリーンエラーになる 。

Q82 DELL 755シリーズでWindows再セットアップ時ブルースクリーンエラーになる 。

DELL社製 755シリーズの一部で設定の問題によるWindowsの再セットアップがうまくできない現象が確認されております。セットアップ途中でブルーの画面に英語のメッセージが出て進まなくなるというものです。
●回避方法
電源投入直後、DELLのロゴ画面が出ているときに「F2」キーを数回押します。
BIOSと呼ばれる青い画面に入ります。
「Drive」という項目を十字キーで選択、エンターを押すと詳細メニューが表示されます。
一番下に「SATA Operation」という項目があります。
エンターキーを押すと「AHCI」、「ATA」等選択できるようになります。
「AHCI」・・・これになっているとインストールに失敗することがあります。
「ATA」・・・通常こちらを選びます。
ATAを選択してエンターを押すと確認が出ます。
「確認」(右側)を選択してエンターキーを押します。
設定が変更されたことを確認の上「Esc」キーを押すとBIOSの終了確認が出ますので
「Save&Exit」を選択すると、再起動が掛かります。
Windowsの再セットアップを進めてください

Q81 Windows7再セットアップ方法(DELL製-Windows7DVD添付モデル)

Q81 Windows7再セットアップ方法(DELL製-Windows7DVD添付モデル:780SF、780MT 等)

なんらかの原因でWindowsが起動しなくなった場合、再セットアップで復旧できる場合があります。
(ただし、データの復旧はできませんのでご注意ください)

●リカバリCD添付モデル(Windows7と書かれた白色以外のディスクが付属した機種)
380SF, 780SF, 780MT 等
Windows7Professional 64Bit :赤色または緑色など
Windows7Professional 32Bit :青色 など
  1. パソコンの電源を入れてWindows7のディスクを入れてパソコンをリセット(Ctrl + Alt + Delete同時に押す)します。
  2. 「Press any key Boot from CD/DVD...」というメッセージが出たら「Enter」キーを押します。
    Press any key boot from CD / DVD.....
  3. しばらくすると「言語選択」の青い画面になります。「使用する言語は日本語です」を選択します。

    そのあと日本語になっていることを確認して「次へ」

  4. 「ライセンス条項」というページになります。内容を確認の上、「同意する」にチェックして次へをクリック。
  5. 「インストールの種類」という画面になります。「新規インストール(カスタム)」を選択してください。
  6. 「Windowsのインストール場所を選択してください」と表示されます。
    「ドライブオプション」を選択、現在ある領域情報をいったん削除するため、「Cドライブ」を選択した上で「削除」をクリック
    データが完全に削除されますが、これをきっちりやっておかないと、再セットアップ後も不具合を引きずる可能性があります。
    「未割り当て領域」と表示されていたらそれをクリックしてから「次へ」をクリック

    ~~~概ね30分程度~~~
  7. 名前の入力画面になります。
    半角アルファベットで入力しましょう
  8. パスワードの入力画面です。
    必要なら入力、不要なら空欄のまま「次へ」
  9. 日にち、タイムゾーンの確認です。
    ほとんどの場合は、そのまま「次へ」
  10. ネットワークにつながっているとネットワークの種類が表示されます。
    使用用途に応じて選択してください。
  11. しばらくのちにWindowsが起動します。
    引き続き、DriverCDまたはリソースCDのセットアップを行います。
    コンピュータ⇒右クリック⇒プロパティ
    左側上方にある「デバイスマネージャー」をクリック。
    ドライバのインストールがすべて完了すると「黄色いビックリマーク」が消え、インストール完了となります。

Q80 Windows7再セットアップ方法(MRR-Windows7DVD添付モデル)

Q80 Windows7再セットアップ方法(MRR-Windows7DVD添付モデル)

なんらかの原因でWindowsが起動しなくなった場合、再セットアップで復旧できる場合があります。
(ただし、データの復旧はできませんのでご注意ください)

●リカバリCD添付モデル(Windows7と書かれた白色のディスクが付属した機種)

  1. パソコンの電源を入れてWindows7のディスクを入れてパソコンをリセット(Ctrl + Alt + Delete同時に押す)します。
  2. 「Press any key Boot from CD/DVD...」というメッセージが出たら「Enter」キーを押します。
    Press any key boot from CD / DVD.....
  3. しばらくすると「Windowsのインストール」という青い画面になります。「Enter」キーを押します。
  4. 「ライセンス条項」というページになります。内容を確認の上、「同意する」にチェックして次へをクリック。
  5. 「インストールの種類」という画面になります。「新規インストール(カスタム)」を選択してください。
  6. 「Windowsのインストール場所を選択してください」と表示されます。
    「ドライブオプション」を選択、現在ある領域情報をいったん削除するため、「Cドライブ」を選択した上で「削除」をクリック
    データが完全に削除されますが、これをきっちりやっておかないと、再セットアップ後も不具合を引きずる可能性があります。
    「未割り当て領域」と表示されていたらそれをクリックしてから「次へ」をクリック

    ~~~概ね30分程度~~~
  7. 名前の入力画面になります。
    半角アルファベットで入力しましょう
  8. パスワードの入力画面です。
    必要なら入力、不要なら空欄のまま「次へ」
  9. プロダクトキーの入力画面です。購入時にセットで付属していた、「B5の用紙」に記載されています。
    後から入力することもできます。

    DELLと書かれたセットアップディスクを使用している場合は表示されません。
  10. 日にち、タイムゾーンの確認です。
    ほとんどの場合は、そのまま「次へ」
  11. ネットワークにつながっているとネットワークの種類が表示されます。
    使用用途に応じて選択してください。
  12. しばらくのちにWindowsが起動します。
    引き続き、DriverCDまたはリソースCDのセットアップを行います。
    コンピュータ⇒右クリック⇒プロパティ
    左側上方にある「デバイスマネージャー」をクリック。
    ドライバのインストールがすべて完了すると「黄色いビックリマーク」が消え、インストール完了となります。

Q62 DELL製パソコンでWindowsの再セットアップ時にプロダクトキーを求められる。

Q62 DELL製パソコンでWindowsの再セットアップ時にプロダクトキーを求められる。

Windows上からリカバリCDを入れてセットアップを進めると途中でプロダクトキーを求められます。
WindowsXP初期搭載機種においては側面にプロダクトキーシールが貼られております。
WindowsVista初期搭載機種(WindowsXPダウングレード)においてはWindowsXPのプロダクトキーはありません。
●対策(上記どちらのケースにおいてもキーの入力を求められないので便利です)
Windowsの再セットアップCDをパソコンに入れて再起動をかけるとDELLのロゴ画面の後に
「Press Any key Boot From CD/DVD...」
というメッセージが表示されます。
このときエンターキーを数回押していただくとWindowsXPのセットアップ画面に入ります。
日本語の手順が表示されますので指示に従ってインストールを進めてください。
付属のセットアップディスクでこの手順によりWindowsを再セットアップした場合、プロダクトキーの入力が省略できます。
(このディスクを他のパソコンで使用した場合もキーの入力を求められるようになります)
WindowsVistaのキーが貼られているパソコンもマイクロソフトのダウングレード権を使用したものですので正規ライセンスとなります。

Q61 リカバリーしたらインターネットができない、WindowsUpDateができない。

Q61 リカバリーしたらインターネットができない、WindowsUpDateができない。

Windowsを再セットアップした後、インターネットにつながらなくなった。またはWindowsUpdateができなくなった。

①デバイスドライバがインストールできていますか?
⇒マイコンピュータを右クリック、プロパティを選択。ハードウェアのタブからデバイスマネージャを選択
⇒黄色いビックリマークがが付いていると、正常にインストールされていません。購入時に付属していたドライバCDまたはリソースCDからドライバのセットアップをしてください。

②WindowsXPが最新のSP3になっていますか?
⇒マイコンピュータを右クリック、プロパティを選択。全般のタブに表示されている「WindowsXP ServicePack」という項目が「3」以外の場合は以下から修正ファイルをダウンロード、インストールしてください。
WindowsXP SP3
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24


③InternetExplolerが最新の8になっていない
⇒ウィルスや不正なプログラムからパソコンを最低限保護するためInternetExplolerを常に最新にしてください。
InternetExploler8 XP
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=43


④Youtubeが見れない
Youtubeの閲覧にはFlashPlayerが必要です。以下からダウンロード、インストールしてください
Adobe FlashPlayer
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

Q60 WindowsXP再セットアップ方法(リカバリCD添付モデル

Q60 WindowsXP再セットアップ方法(リカバリCD添付モデル

なんらかの原因でWindowsが起動しなくなった場合、再セットアップで復旧できる場合があります。
(ただし、データの復旧はできませんのでご注意ください)

●リカバリCD添付モデル(DELL等WindowsXPと書かれたディスクが付属した機種)
  1. パソコンの電源を入れてWindowsXPのディスクを入れてパソコンをリセット(Ctrl + Alt + Delete同時に押す)します。
  2. 「Press any key Boot from CD...」というメッセージが出たら「Enter」キーを押します。
  3. しばらくすると「セットアップの開始」という青い画面になります。「Enter」キーを押します。
  4. 「ライセンス契約」というページになります。内容を確認の上、「F8」キーを押します。
  5. 「次のインストール済みのWindowsXPの一つが壊れている場合は、修復を試みることができます。」と出ます。「Esc=修復しない」を選択してください。
  6. キーボードの選択画面になります。通常、「半角/全角」キー(左上Escキーの下)を押します。
  7. 7、確認メッセージが出ます。「Y」キーを押します。
  8. 領域作成画面になります。再セットアップを行うときは以前のCパーテーションを削除する必要があるため 「D」キーを押します。
  9. 領域を本当に削除するか聞かれますので「Enter」を押します。
  10. 再確認が出ます。進める場合は「L」キーを押してください。(これ以降は以前のデータが完全に復旧できなくなります。どうしてもデータが必要な場合はデータ復旧業者等にこの作業を行う前にご依頼ください)
  11. 「8」の画面に戻ります。「Enter」キーを押します。
  12. フォーマットを行います。一番上、「NTFSファイルシステムを使用してパーティションをフォーマット(クイック)」を選択し「Enter」キーを押します。
  13. 13、途中、地域、時間、名前などの確認が数回あります。概ね終了まで1時間ほどかかります。









  14. Windowsのセットアップが完了すると、必要に応じて残りのディスクのセットアップを行います。以下のタイトルのCDが1~3枚程度付属しています。(機種により付属しない場合があります)これらのセットアップを行わないと、インターネットにつながらない、音が出ない、画面が大きいなどの症状が出ます。
    • ドライバCD(DriverCD)
    • リソースCD
    • ライティングソフト
    • DVD再生ソフト(DVDソフト)
    ⇒「マイコンピュータ」を右クリック、プロパティを選択、「システム」のタブから「デバイスマネージャ」を選択、表中に黄色いビックリマークなどがなければOKです。黄色いビックリマークなどが出ている場合はドライバCDまたはリソースCDからインストールを再度実施してください。
  15. Windowsを最新のSP3へアップデートを行います。これを実施しないとWindowsUpdateができなかったり、ウィルスなどの影響をより受けやすい状態になります。以下よりソフトのダウンロードを行います。ウィルス対策ソフトをお持ちの場合はインターネットに接続する前にインストールすることをお勧めします。
    WindowsXP SP3
    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24
  16. InternetExplolerが最新の8にアップデートする
    ⇒ウィルスや不正なプログラムからパソコンを最低限保護するためInternetExplolerを常に最新にしてください。
    InternetExploler8 XP
    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=43

よくある質問

目次

お客様の声

動作チェック、徹底クリ-ニング、安心感あふれる梱包で高い評価をいただいております 。



最近お問い合わせの多いSSDについて比較動画を作成しました!

あす到着します!!


※月曜日から金曜日
※一部対象外地域ございます。
詳細はこちら

検索メニュー

●カテゴリ別検索●













●メーカー別●







●CPU別●





Line@でお買い得情報配信中

●Line@にてお買い得情報不定期に配信しています! ぜひ登録お願いします!!!

●forSmartPhone
友だち追加

◆スマホでもページをご覧いただけます!

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間:10時~19時
土曜日・日曜日・祝日および年末年始はお休みを頂いております。

商品カテゴリ

パソコン製品

周辺機器

ページトップへ